外壁塗装&雨漏り専門店塗替え情報館 外壁塗装・雨漏り専門コラム

足場について

2016/12/05 月曜日

今回は足場について、お話させていただきます。

よくあるトラブルとして、塗り替えの見積りに”足場代”が含まれておらず、後から多額の金額を請求された等の話があります。
また異常に塗り替えの価格が安く設定されていると思ったら、”足場代は別”となっていたり。

その足場代が加わると、結局他よりも高くなるなんて事も良くあります。
まず、塗替え情報館では以前のコラムでお伝えしたように、追加費用が発生しないようにあらかじめ足場代なども含めてお見積りさせていただいております。
塗替え情報館のお客様の中でも、最初は塗替え情報館が高いと思ったが、最終的に他社の足場代などの追加費用との総額より安かったなどと言われる方が多いのが事実です。

また塗替え情報館では、外壁塗装と屋根塗装を合わせて行うこともオススメしております。
(あくまで外壁と屋根の塗装時期が近いときにオススメしているだけで、無理強いなどは一切しませんので、ご安心ください)

なぜかと言えば、足場代というのは足場を運んできて、組んで、解体する作業が主になります。
ですので、前に外壁塗装をやったからと言って、屋根塗装の時に足場の架設作業が省略できるものでもないからです。
費用的にも15~20万円してしまうものですので、壁と屋根を同時に行えば、足場は一度で済むため、オススメしております。

アートフレッシュ

2016/11/29 火曜日

SK化研のアートフレッシュです。

アートフレッシュ

アートフレッシュは、古くなった壁面を土壁風の素材感を生かした塗り壁に蘇らせ、個性的な表情を美しく見せることのできる新しい意匠性塗材です。

塗料としての性能も十分あり、独自のハルス複合化技術から、耐久性、耐候性に優れています。
紫外線を浴びることにより、壁のチョーキング現象の原因となる塗膜内部でのラジカルの発生を抑制することで、耐久性を増しています。

またかびや藻類などの微生物に
対して強い抵抗性を示し、衛生的な環境を維持します

既存の下地のパターンや質感を残したまま塗装が出来ます。
従来の塗り替えだと、既存の下地を埋めてしまったり、塗りつぶして塗りなおす事が多かったのですが、新築時の様な美しい仕上がりをお求めの方には最適の塗料です。

ジョリパット

2016/11/25 金曜日

アイカ工業のジョリパットです。

ジョリパッド

エスケー化研のベルアートと同じく、意匠性の塗料になります。
昔から塗り壁の際にはジョリパッドを多く使用しており、歯塗り壁と言ったら、ベルアートよりもジョリパッドの方が有名かもしれません。

コテ、吹付け、ローラーなどによる多彩な表現が可能なため、個性的なデザインに仕上げられます。
また180以上のカラーと100以上の仕上げパターンの組合せができるのも魅力です。

また防火性・耐火性に優れ、遮音性・遮光性も発揮します。
自然素材を使用しているため、ホルムアルデヒドの発生も少なく環境に配慮されています。

防藻・防カビ効果が高く、壁の変色しにくいため、美しいデザインの壁が長く保たれます。