MENU CLOSE

三島市・沼津市・清水町の外壁塗装専門店の塗替え情報館です。熟練の職人の手によるこだわりの品質を提供します。

見積り特典Quoカードプレゼント

0120-946-0908:00-20:00
年中無休 FAX:055-955-8883

情報館通信 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 情報館通信

瓦屋根のお家の雨漏り検査・現場調査(沼津市・K様邸)|静岡県沼津市・三島市・富士市の外壁塗装・屋根塗装専門店塗替え情報館

お知らせ

2017.08.30 更新

みなさんこんにちは!
外壁塗装・雨漏り防水専門店の塗替え情報館店長の鈴木です。
本日は、雨漏り補修工事でお問い合わせを頂きました沼津市のお客様の瓦屋根のお宅に雨漏り調査に伺わせて頂きました。
お客様に内容をお伺いすると、家の中には雨漏りは無いが軒下に水が出てくるということでしたので、早速、雨漏りヵ所を確認し屋根に上ってみると、雨漏りヵ所の上は屋根の谷板金がありますが、板金の上にはなぜか黒い防水シートが貼りつけられています。
IMG_9778
その防水シートは紫外線で劣化し端部や合わせ目が反り上がってしまっています。
お施主様に確認すると数年前にも同じような雨漏りが有り、その時に修理を依頼した業者が防水シートを上に張り付けたようです。
その際には銅製の谷板金に穴が開いていて、その穴から雨漏りが有りこのような処置をしたのだと思われます。
瓦屋根の谷板金は、下の写真のように、雨(酸性雨)や瓦の釉薬が混じった雨などが一定箇所に流れ落ち、年数が経つと穴が開きます。
IMG_5029
IMG_5012
さらにその下のルーフィングはそのままにしておけば、その雨や紫外線の影響で穴が開きます。
本来、この防水シート(ルーフィング)は紫外線が当たる所に施工する物ではありません。前回補修をした業者のように紫外線に当たるヵ所にそのままにしておけばすぐに劣化し、悪くなってしまうことは当然です。
また、端部は瓦の奥までシートを差し込んでおらず、板金とシートは接着剤で接着されていましたが、接着が悪い所やしっかりと出来ていない所があれば、その端部からも防水シートと谷板金の間に雨水が染み込んでしまいます。
IMG_9789
染み込めばまた、谷板金の穴からは雨漏りします。
現場の状況が解りましたので、実際に水をかけてそれらの場所から雨漏りが有るか確認するために、水かけ検査を行います。
IMG_9781
IMG_9786
IMG_9794
水かけ検査を行い雨漏りが起こるか確認すると、やはり軒下から水が出てきました。
画像では解りにくいですが、赤い丸のヵ所です。
IMG_9785
それ以外にも瓦のズレや浮きが有るところも確認致します。
IMG_9801
こちらも水が軒下に出てきました。
IMG_9796
今回は前回の補修方法が悪いため、広範囲に軒天井も腐ってしまっています。
おそらく谷板金の穴があるヵ所は、下地の木が腐食している可能性も高いです。
前回の工事でしっかりとした補修工事がされていればこんなにも下地が腐ったりすることもなかったと思います。
塗替え情報館では雨漏り補修の原因を突き止め、工事に伴うメリット・デメリットをお伝えし、工事内容はお客様と話し合い、お家とお客様のご要望に合った提案をさせていただきます。
雨漏りでお困りの方は塗替え情報館へお問い合わせ下さい。

三島市、沼津市で外壁塗装でお困りの方はこちら

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・雨樋・補修のお悩みはお気軽にご連絡下さい!

0120-946-090
8:00-20:00
年中無休 FAX:055-955-8883

メールでお問い合わせ

チラシ・HPでも公開しない必読の情報満載 塗装をする前に是非ご一読ください! 塗替え情報館が長年蓄積した塗装のイロハ 資料請求はこちら

塗替え情報館情報館通信

塗替え情報館が選ばれる理由

静岡県東部密着の塗替え情報館です

静岡県三島市、沼津市、清水町密着の 塗替え情報館です

塗替え情報館は、「塗装」で挑戦します。地域密着の創業23年の技術力で、理想の塗装を実現します。

  • 見積無料
  • 相談無料
  • まずは相談してみる

0120-946-090受付時間 8:00-20:00
年中無休

メールでご相談

お色の色選びで迷ったら…カラーシミュレーション

施工事例

お客様の声

スタッフ紹介

三島市、沼津市、清水町
の外壁塗装はお任せ!

三島市、沼津市、清水町の外壁塗装はお任せください!

施工エリア

塗替え情報館は三島市、沼津市、清水町を中心に塗装リフォームを行っております。

施工エリア図

静岡県東部対応

沼津市・三島市・清水町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。